MENU

手つなぎデート

 

結婚したての頃は子供もいなかったので、妻とは定期的にデ−トをしていました。
妻は結婚してからも奥さんというよりかは、いつまでも恋人の気分を味あわせてくれる努力をしてくれていました。
休みの日にはきちんとお化粧をしてくれて、嬉しそうに笑う妻をみて本当に幸せだな、結婚はなんていいものだろうと思っていました。

 

しかし結婚して年数が経ってくると、マンネリ化からくる家庭内のトラブルが。
男はやはり家庭を持ったり、子供が生まれたりするとそれなりに責任感もできてくるので仕事もなんとなしにやってきたといった感覚から「養っていかなくては」「いい暮らしをさせてあげたい」など自分なりに考えて力も入っていきますよね。

 

ただ、そんな意気込みも妻にはなかなか伝わらないと言うかそれ以前に、二人でゆっくり話す機会もなかなかなくて仕事のことで頭がいっぱいで考えてあげることもできなくて。
気が付くと、私は妻の異変に気づいてしまいました。

 

出かける事が増えた妻

 

今までは、子供の習い事や送り迎え以外は大概、家にいてとても家庭的な妻でした。
家庭菜園をしているので、水をあげたり近所の奥さんと話しこんでいたり、いたって普通のお母さんといった妻でした。

 

しかし、最近、自分の知らない用事に出かけることが増えていました。

 

休みの日に一緒に妻とたまに買い物でも出かけようと思っていても妻はなにかと出かけることが多くなったのです。

 

その度に「前もって教えておいて欲しい」と伝えるのですが、急に用事が入ったとか「ごめんね」とはぐらかすばかり。さすがにおかしいと思いました。

 

また、帰りの時間も、子供が帰ってきていても、私がいるからと普通に帰りが遅いのです。
たまの用事なら何も思わないのですが、私の休みの日は子供をみるのが当たり前のように、子供を置いて帰りも遅いので何度も妻に説教をしましたが、謝ったり誤魔化されてばかりでした。

 

どんどん派手になっていく妻

 

結婚当時は、新婚気分も抜けずに、お互いが浮かれていたというのもありますがいつもキレイにしてくれていました。
特にデ−トにいくときは恋愛のときと同じように服までこだわってくれて結婚している人妻と思えないくらい若々しくてキレイでした。

 

しかし、子供を生んでからはぐっと落ち着いて、母としての美しさがありました。

 

夫としても、妻から母になることに別に違和感もなく、子供の母親として頑張ってくれていると思っていました。

 

そんな妻だと思っていたのは自分だけだったようで、いつからそんな派手になったのかまったく気づきませんでした。
たまたま、仕事が早く終わったので家に帰ってみると、妻はおらず、買い物に出かけたと思い、ソファ−でくつろいで待っていると、妻は子供と帰ってきたのですがその格好は、結婚当時に戻ったかのような若々しい格好に、真っ赤なル−ジュ。

 

それから、今まで携帯の節約といってガラケ−を使っていたのに、いつのまにか勝手にスマホに変えていました。正直、かなりのショックを受けました
妻に確認したら、子供の入学で子供のスマホを持たせる時についでに自分もお得だからとスマホを持ったと説明されたのですが、どんなスマホか、手にとって見せてもらおうとしたらなぜか見せてくれませんでした。

 

近づけさせない妻

 

確かに最近、仕事で忙しかったり、帰っても疲れていて会話もあまりないままお風呂に入って寝ることもありましたが、それでも食事の会話には気を使っているつもりでした。

 

しかし、妻は普段の不満や子供のトラブルなどあまり楽しい内容ではないのでこちらも疲れてしまって、話が億劫になっているところはありました。

 

何度か口げんかになったこともありましたが、ちゃんと和解できていると思っていました。

 

最近、妻が必死にパソコンに向かっているので、何をしているのかと覗いてみると妻はサッと場所から離れて去っていくことがありました。
しかも、履歴を消すかのようにブラインドを消してしまうので、何を見ていたのかもわかりません。

 

それでも、「今日は機嫌が悪かったのかな」ぐらいにか思ってませんでした。

 

また、朝食の時もコ−ヒ−が入ったので自分で持っていこうと思い、台所に入るとスッと妻が去っていくことが何度もあり、最初はあれ?と思いましたが気のせいだと思っていました。
回数が増えるたびにだんだん「自分のことを避けている」ことにやっと気づいたのです。

 

仲のいい同僚と飲みに行った時

 

たまたま、会社で送別会があって、仲のいい同僚も参加するとの事だったので飲みに行きました。

 

最初は会社のトラブルのことや上司の話で花を咲かせて飲んでいたのですが、お酒も入っていい気分になったところ、同僚に最近の妻の行動について話してみました。

 

すると、さっきまでニコニコ笑っていた同僚の顔が真剣になり「真面目に話を聞いてくださいね、それって奥さん、浮気していると思いますよ」といったのです。
最初は、いいかげんにしろよ!と笑って話を終わらせようとしたのですが、あまりに同僚が真剣な眼差しだったので、話を聞くと身の上話をしてくれました。

 

 

同僚は実は離婚していて、妻の浮気が原因だったのです。

 

 

私は急に同僚の話が気になり、すっかり酔いも冷める気持ちで話を聞いていました。

 

同僚は、TV番組で見た妻の浮気の可能性を調べるチェック項目にすべて自分は当てはまり、妻と話し合った結果、やはり妻が浮気をしていたということがわかったというのです。

 

妻が浮気する夫の特徴

 

同僚がいうには、妻に対して普段、どんな態度をしているか、妻への接し方で妻が夫にうんざりして浮気をしてしまう原因になるというのです。

 

料理を当たり前のようだと接すること。

これは普段から食事の会話には気をつけていたのですが、確かに料理についてのコメントや、感想などはあまりしてませんでした。

 

夫婦の会話がまったくない

この場合も、確かに仕事から帰ってきたときに、ただいまといった会話はしてもすぐにお風呂や食事をして、寝るときにはもうお互い別々に行動しているので会話がないに等しい。

 

スキンシップや夜の営みを自分から動かない

この場合は、自分からスキンシップというよりかは、普段の生活の動作の中で言葉は少ないかもしれませんが会話を試みたのですが妻は常に忙しく、あまり会話も弾まない場合が多い。
夜の営みは、正直、妻が先に寝てしまい、自分は会社の同僚などに仕事のメ−ルをしたりして時間がずれてしまうのでほとんどレス状態でした。

 

誕生日などのお祝いをしてあげない

誕生日は、仕事を早く帰れないというのと、子供が生まれてからはお金がかかるのでお互いにプレゼントはやめようと決めていたので正直、誕生日の日にちすらも忘れていることが多い。

 

このチェック項目を同僚に教えてもらって、まさかとは思いながらも全部見事に普段からしていない「浮気されてもおかしくない夫」に認定されてしまいました。

 

口のうまい妻の証拠を掴むには?

 

普段、仕事をしながら妻が浮気をしている証拠を掴むにはどうしたらいいのか、まったく分かりません。

 

妻に今回の同僚の話をそのまま話、もしかして浮気をしているのかと尋ねてみましたが「まさか!」と笑われるだけで、毎日の日々は変わりませんでした。

 

派手な化粧だけでもやめるように言っても、逆にキレられてしまったり、帰りが遅いことに対しても、早く帰るように言っても聞く耳も持たなくなっていました。

 

変わり果ててしまった妻に、ショックでどうしたらいいのか頭が真っ白になり仕事も頭に入らなくなって仕事のミスも増える始末でした。

 

探偵という救いの道

 

結局、相談にのってもらった同僚ともう一度飲みに行くことになり話を聞いてもらいました。
同僚も「わかる、わかる、自分と一緒だ」とすごく理解してくれました。

 

同僚の場合は、とにかく口のうまい妻には勝てないと思い、最初からプロに頼んだというのです。

 

 

プロとは?と尋ねると「浮気調査を探偵に任せる」というのです。

 

 

正直、探偵は一般市民が使うものではないと勝手に思っていたのですが、意外と浮気調査は手軽に使われていると聞いて、ホッと安心しました。

 

また、離婚しないのであれば、浮気調査だけなので証拠も簡単に手に入る可能性もあり、お安くできるとも教えてもらいました。

 

早速、探偵事務所に電話相談し、妻とは離婚する気持ちはなかったので簡単な調査をしてもらいました。お金を出せば仕事をしていても簡単に証拠を掴んでもらったので、本当に便利だなと思いました。

 

妻に証拠を見せると、一瞬顔を赤くして泣き出してしまいましたが、浮気自体はまだ、深入りしていない状態だったので、許すことにしました

 

この一件から、妻は私に優しくなり、弱みを握った気持ちです。探偵を教えてくれた同僚には心から感謝をしています。

 

 

このページの先頭へ